エントリー

2017年05月の記事は以下のとおりです。

幼稚園の遠足のお菓子の問題・・・・・

  • 2017/05/19 15:21

幼稚園の遠足のお菓子の問題・・・・・

4月から年中さんになる長女が通っている幼稚園で、入園前から1つだけ我慢していたことがあります。それは給食が仕出し弁当だということです。

この園は非常に小さい園で、なんと年中は16人しかいません。年中からの入ったのはたったの3人。

だから、とてもじゃないけど料理施設を造るのは難しい・・のと、
給食をとるにしても、週に一回はお弁当で、園でとれたジャガイモを調理して食べたり・・というイレギュラーな行事もあるので、仕出し弁当に仕方なくしている。

だから、食育はご家庭でしてください・・という説明をうけて、まー仕方がないな。この部分だけは我慢しようと納得して入園したのです。

ただ、先週に親子遠足があり、はじめて妻が他の園児のご家庭と行動を共にして、衝撃を受けて帰ってきました。

お弁当の後に、「お菓子タイム」なるものがあり、お菓子を大量に持ってきて他の園児と交換するのですが、ハイチュウ、やらタケノコの里など、園児が食べるとは思えないお菓子を持ってくる家庭ばかり・・・

しまいには、暑いので 自販機でファンタを買う親子に、もう妻は拒絶反応を起こしてしまい、皆の会話に入れなかったそうです。

「うちの子は無菌状態だった・・・」とぽつり。

確かに、ちょっとウチの家庭は、食事には並々ならぬこだわりがあります。

惣菜や市販の出来合いのモノは食卓には出てきませんし、そもそもスーパーで買い物すらしない。(オルターという自然食品宅配便で購入)

マヨネーズやジャムなども出来る限り自家製で,妻が造ってくれます。

もともと僕の母が、手作り大好きな人で、僕や姉2人は手作り料理だけで育ってきました。

大人になってからも、市販のものでは美味しいと感じなくなってしまい・・手間がかかっても美味しいと思う料理を自分達で造るのが当たり前な価値観に育ちました。

だから妻の周りには、なんでも自分で造る派の人達ばかりとなり、味噌なんかも全員が自家製で造っているので、世間からすると希少な人種なはずなのですが・・その人達に影響されて妻もなんでも自分で造れるようになってきました。


最近では、ソーセージも購入してなくて、肉を燻製までして・・・
だからちょっと世間的にはウチは特殊なのは理解しております。

しかーし!だからといって園児にハイチュウは良くないでしょう。

そして、そういう家庭にかぎって、「うちの子はお菓子ばかりたべて、ご飯をきちんと食べない・・」といった事を言います・・

それはそうでしょう! 砂糖の甘みは子供の脳にはインパクトが大きい。 市販のお菓子みたいに、砂糖がいっぱい入っていると、そればかり欲しくなってしまうのは当然です。

多くの歯医者さん、お医者さん達が、4才まで砂糖を控える食事を推奨しています。

砂糖を知るのは大きくなってからで十分。砂糖を控えると、野菜の繊細な甘みを感じることが出来るから、野菜も美味しいとなるのです

うちの子達も、けっして砂糖はゼロではありません。

出来るだけ自家製のお菓子を妻が造ってますが、時間がないときは市販のお菓子も買いますが、ボーロなどちょっとだけ甘いもので十分。それでも子供達はとっても美味しそうに食べます。

その代わり、ご飯は びっくりするくらい食べます。
ご飯のおかわり二膳三膳は当たり前。
それでも、一番クラスで細いほうだと思います。

(よく園児で 小太りな子が多いのは・・お菓子の食べ過ぎです。間違いなく。)


本筋に話題を戻しますと、うちはこの幼稚園の、自然派的な要素に惹かれて入ったのですが・・・

たった一つ大きな価値観のずれ・・それは周りに食事に関して興味がある親が少ない・・という事です。

ちなみに、知育系の近くの幼稚園は、食育にも力を入れているのですが、遠足時は、おやつは持参禁止だそうです。

知育ありで食育あり か 知育なしで食育なしか・・の2択。

知育ありは・・・私は無意味どころか有害と考えているので、知育なしで食育なしを選んだんだけど、妻のいうように「無菌状態」の私達にとって、おやつにハイチュウ持ってくる人たちとの価値観をすりあわせるのは難しいだろうな・・と感じるのでした。

妻は、園長先生に 「おやつなし」にするよう相談してみる・・といってますが、まー無理でしょうね。

ちなみに、妻は同じような悩みがないか、ネットで検索したところ、ヤフー智恵袋かなんかで、同様の相談者に、お菓子をあげないほうがかわいそう・・というようなヤジばかりだったそう。

まーヨソはヨソ人、ウチはうち。でも4才にハイチュウは絶対によくない。

子供の一生の食習慣に響くので、砂糖は控えましょうね。 

 

幼稚園選び

  • 2017/05/19 13:33

4才の長女は、4月から幼稚園に通っています。

久々の投稿なので、幼稚園選びについてもお話しますと、3年保育時には、国立附属幼稚園に行ってほしいなーと思って受験したのですが、(受験とはいっても抽選だけ)、あえなくダメでした。

下が1才だったので、もう1年は家にいるほうがいいよねということで、年中から幼稚園に通うことに決定。

当初は国立を今年受験しようと思っていたのですが・・・

(小学校に受験なくて自動的に上がれる・・のと都会の中の大きな園庭に憧れからです)

結局、国立幼稚園の受験も必要なしと考えを改めて、違う幼稚園に通うことになりました。

園庭開放でいろいろな幼稚園に妻が子供を連れてい遊ばせていると、幼稚園のカラーが見えてくるようになります。

現在通う幼稚園の園長先生は、うちの家庭方針と一番近い感覚・・どんぐりとも近い。

いわゆる自然派?の幼稚園とでもいうのでしょうか。

知育なんかさせずに、園児にはゆっくりと自由に遊ばせる・・といった方針で、特に惹かれたのは園長先生の人柄と、月に一度のイベント。

それは大きな緑地公園にバスで遊びに行く・・遊具なしの野山で、毎月遊ぶことで、季節の変化も感じる事ができるというものでした。

都会暮らしなので、子供達には自然環境を与えたいと思っている私には願ってもない幼稚園だと思い、惚れ込んで入園を決めました。

もちろん、園長先生の人柄は月一のイベント以上に心強く、先生達も園長先生を慕って先生をしている・・といった方々で、どの先生にも子供達への優しく、子供の成長を見守る姿勢が感じられました。

さて、長い長い前置きでした。次に続きます


ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2017年05月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ記事検索

エントリー検索フォーム
キーワード

タグクラウド

ユーザー

新着画像

Feed